ひまわりのみちくさ。

アクセスカウンタ

zoom RSS レオマの空中回転ブランコ「バードフライヤー」

<<   作成日時 : 2015/06/30 21:09   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14



昨日行った レオマの長いエスカレーターには

なんと1000個の風鈴が吊るしてあり 涼しげなと言うより喧しい程でした。


画像




あちこちにヤマモモの木があり、足元には沢山のヤマモモの実が落ちていました。

画像



作り物の鳥かと思ったら、本物でした。

画像




NEWレオマワールド には地上59mまで上昇して 空中回転ブランコをする

「バードフライヤー」と言う乗り物があります。


画像




私達が乗った訳ではなく

「こんなん お金くれてもよう乗らんわ〜」と言いながら眺めていましたが、

「だれがお金なんかくれるかい」とツッコミいれられそう・・・・・

動画を撮って来たので、雰囲気を見てくださいね。

スムーズにブランコが回らないは動画の不具合で 実際にはスムーズでしたので・・・・






遊園地で一番怖かった乗り物は、昔〜〜に乗った ディズニーランドの

真っ暗の中をジェットコースターが走る「スペースマウンテン」でした。

終わって、降りる時には腰が抜けそうで中々立てれなかった思い出があります。

それから数回行きましたが、「スペースマウンテン」はそれが最初で最後でした。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ひまわりさん こんばんは

風鈴は江戸風鈴ですか 実はさっきテレビで江戸風鈴を
作っているガラス職人さんの番組見ました
ガラスを吹いて女性が手書きでいろいろな絵を描いてました

私たちも若かったのですね 思わずタイムスリップしてあの頃に
かえりました・・・・・夢がありましたよね
子供たちと一緒に楽しんだ
そうそう あのときはばあちやんのお世話ごくろうさまでした
ひまわりさんのブログから昔話に花が咲き現実から目をそらせます
ありがとう〜〜〜
虹子
2015/06/30 23:08
虹子さん

コメント有難うございます。

江戸風鈴かどうかは分かりませんが
1000個の風鈴で賑やかでした。

>あのときはばあちやんのお世話ごくろうさまでした
ディズニーでも色々と文句を言っていてのを思い出しました。
今から思えばどれも楽しい思い出です。
まあ〜 子供のお蔭で、親達も楽しませて貰いましたよね。
あの時一緒だった、一番若い 働き者のママが亡くなったのは残念です(@_@;)
ひまわり
2015/06/30 23:39
ひまわりさん

バードフライヤー乗ってみたいです
その昔、姫路セントラルパークでフリーホールに
志摩スペイン村ではパルケエスパーニャに乗っています。
めちゃ怖い乗り物です。なんでも挑戦しました
今は年齢制限で乗れないでしょうねぇ〜
チーちゃん
2015/07/01 00:39
ひまわりさん
おはようございます。
風鈴そしてバードフライヤーの写真そして動画と説明で良く分かります。バ−ドフライヤ皆さん楽しんでいますね。チ-ちゃんのコメントどおり乗ってみたいですが加齢で無理ですね。約10年前
ユニバ−サルでジエットコスタ−に挑戦、「びっくり死ぬ思い」で隣の高校生に笑われました。その時、齢を感じました。(気だけ若くても体がついていかない。笑)
なう60
2015/07/01 07:56
チーちゃん

コメント有難うございます。

チーちゃんは何にでも挑戦したんですね〜

>今は年齢制限で乗れないでしょうねぇ
は〜い
この乗り物は65歳未満と書いてありました。
自慢する訳ではございませんが、私は後7ヶ月あります。
乗るなら今でしょう〜 でもそんな勇気はありません。
チーちゃんは見た目は若いので(失礼)大丈夫と思いますが
どうでしょう???・・・・・・・
ひまわり
2015/07/01 10:27
なう60さん

コメント有難うございます。

>ジエットコスタ−に挑戦、「びっくり死ぬ思い」で・・・・
よく分かります。
カーブに差しかかると 身体が掘り出される感じがして
ほんとに生きた心地しませんよね〜
足はツッパリ手はポールをしっかり握ったままで固まりますよね!!

チーちゃんにも書きましたが、バ−ドフライヤは
「65歳未満の方のみ可」やっぱり年齢制限があるそうです
私は後7ヶ月ありますが 死ぬ思いはしたくありません(笑)
ひまわり
2015/07/01 10:44
ひまわり様

レオマワールドのエスカレーター1000個の風鈴、風情がありますね。
子供が小さい頃、親子会の遠足で行って娘が、迷子になった事を
思い出しました、長いエスカレーターを一人で降りて
係員の方に保護されていました。 トホホ

「バードフライヤー」迫力満点ですね(^^♪
でも乗れないですにゃん (/ω\)
neko
2015/07/02 12:01
nekoさん

コメント有難うございます。

>長いエスカレーターを一人で降りて
それはびっくりしたでしょうね〜
日本一とか?で長さ96mもあるそうですよ〜

「バードフライヤー」は怖そうですよね〜
私も年齢制限まで数か月ありますが、乗る気には成りません。
見ただけで怖かったです。

レオマはやはりランチと温泉が一番の楽しみです。
ひまわり
2015/07/02 20:19
はじめてお邪魔します。
四国に住んでいながら、レオマワールドはまだ未訪問です。孫でも連れて行ってやろうかなと思ってたら、知らぬ間にディズニーや大阪のユニバーサルスタジオへ行ったりしていたので、断念しました。
わたしも空中での乗り物は嫌いです。心臓が口から飛び出しそうになります。
レオマは高齢者夫婦で訪れる価値がありますか。
nibari1498
2015/07/03 09:35
nibari1498 さん

初コメント有難うございます。

今「今日も頑張ろかい」ブログ覗かせて頂きました。
松山にお住まいとの事で頻繁に更新されて素晴らしいブログですね!

>レオマは高齢者夫婦で訪れる価値がありますか。
ディズニーや大阪のユニバーサルスタジオを経験されてるんなら、
遊園地は物足りないかも知れません。
宿泊するなら、夜のイルミネーションを観る事が出来ますが・・・・
ランチバイキングや温泉がお好きなら行く価値はあるかと思います。

息子の大学が松山だったので、部屋の掃除によく出かけたので
松山は馴染みがあります。
これから nibari1498 さんのブログゆっくり拝見させて頂きます。
今日は初コメント嬉しかったです。どうも有難うございました。 
ひまわり
2015/07/03 10:53
ひまわりちゃん

レオマでお楽しみですね。
風鈴は可愛いけど長いエスカレーターは頂けません。
高所恐怖症で最後の数段は足元がゾクゾクなんよ。

県の木ヤマモモ勿体ない程落ちてるねぇ。
スーパーで見ても買えませんが
先日大工さんからお裾分けを頂き休憩時間のおやつに大好評!!
あんなに大きなヤマモモは見たことないな〜。

橘の親友宅でヤマモモの木を揺すり傘を逆に沢山収穫したのは
二十歳の頃で随分昔の話に〜。二泊三日で海と山を駆け巡り・・・・。
自家用船に乗せて貰って行った潮干狩りでは
バケツ一杯の「あさり」が面白い程取れたよ。
おばちゃんにもお裾分けしたと思います。

その友も亡くなってもう12年になりますが
数年前に元気なご両親に会って来ました。
自家製のイチジクジャムを頂いて〜〜〜。
お父さんが釣った魚でお母さんが良く握りを作ってくれてたんよ。
バラ寿司や淡雪かんも美味しかったこと〜ああ懐かしいわ。
アップのヤマモモがいろんな思い出を引き出してくれたよ
Mちゃん
2015/07/03 11:08
Mちゃん

コメント有難うございます。
又先日は娘にどうも有難うございました。

え〜Mちゃん 長いエスカレーターで高所恐怖症??知らんかった!
ほな バードフライヤーなんてとんでも無いね!
でもMちゃん心配しなくても、年齢制限(65歳未満)があるので
乗りたいと言っても乗れんのんよ〜

ヤマモモの実大きいでしょう こんな立派な実が落ちてるの勿体ないよね!
まだまだ一杯生っているので、お客さんにご自由にどうぞ〜とでも書いて置けば良いのにね。
私も友達から大粒のヤマモモ頂き久しぶりに食べました。

ヤマモモで色々と良い思い出がよみがえりましたね。
この写真で思い出して貰えてうれしいなぁ(*^_^*)

>おばちゃんにもお裾分けしたと思います。
その時のあさりは私もご馳走に成ったでしょうね。
ひまわり
2015/07/03 19:41
ひまわりさん

今回もきれいな写真ですね。
少し前も(大賀ハス)もきれいな写真でした。
大賀ハスが鳴門で見られるとは、知りませんでした。
素晴らしい。
O君
2015/07/10 13:00
O君

コメント有難うございます。

O君に写真を褒めて貰えるとホントに嬉しいです。

>少し前も(大賀ハス)もきれいな写真でした。
「豚もおだてりゃ木に登る」って感じで調子に乗りますよ〜
またO君に褒めて貰える様な写真撮れますように・・・・・
ひまわり
2015/07/10 19:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

私のホームページ
ひまわりの記録部屋

ブログもくじ

レオマの空中回転ブランコ「バードフライヤー」 ひまわりのみちくさ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる